不用品を処分する4つの方法

不用品を処分する4つの方法

引っ越しの際や、家がいらないもので溢れて散らかってしまったときの処分方法について解説します。

処分方法は大きく分けて4つあります。

  1. 自治体に回収を依頼する
  2. 知人・友人等に譲る
  3. フリーマーケットアプリやオークションサイトで売る
  4. 不用品回収業者に依頼する

などが挙げられますが、どれもそれぞれメリット、デメリットがあります。

ではそれぞれの処分方法について解説していきます。

自治体に回収を依頼する

メリット

自治体で処分してもらうメリットとして挙げられるのは、料金が安いということです。自治体の場合、料金の一部が税金で賄われているので安く処分できます。

デメリット

まず一番に手間がかかることが挙げられます。

自治体を利用する場合は、利用券を購入しに行かなければならなかったり、指定された日時に指定場所まで運ばなければなりません。

また、家電リサイクル法の対象となっているエアコンやテレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは回収してもらえないというのも、デメリットとして挙げられます。

 

知人などに譲る

メリット

一番簡単に処分できる方法かもしれません。

また、ただで引き取ってもらえることが多く、価値のあるものであれば買い取ってもらうこともできるかもしれません。

デメリット

相手に必要のないものや粗大ごみなどは引き取ってもらえないでしょう。

フリーマーケットアプリやオークションサイトで売る

メリット

お金になることが挙げられます。

デメリット

価値のないものは売れなかったり、手数料、送料を含めると必ずしもプラスになるとは限りません。

また、出品、販売、発送という手間がかかるのもデメリットと言えるでしょう。

不用品回収業者に依頼する

メリット

まず第一に挙げられるのが、回収に来てもらえることでしょう。

また、即日回収できたり、分別をしなくても粗大ごみや不用品をまるごと回収してもらえたり、買取を行っている業者も多く存在するようです。

デメリット

料金がかかることです。

特に大型のものや家電リサイクル法の対象になっているものを回収して貰う場合には、高い料金がかかる場合があります。

 

宮城県の粗大ごみ・不用品回収 

楽ちん君